ゴスペル俳句の世界

やまだみのる


初蝶


【初蝶(はつちょう)・春・動物】   

福音の使ひのごとく初蝶来  みのる

春先になって最初にあらわれる蝶を初蝶という。

小さくて力弱く群を作らずにただ一匹で舞う姿は、春の訪れを知らせてくれる使者のようだ。

このような小動物に親しみつつその営みを観察していると、私たちもまた神によって生かされていることを深く覚えるのです。 小動物や植物は言葉を持たないけれど、自然の摂理のままに生きることによって健気に神を証ししている。

福音を伝えるのに理屈や努力はいらないと思う。 育む生活の中に喜びと賛美が溢れていれば、私たちはそこに神の臨在を見るでしょう。

Page_top

天狗杉


【雪解(ゆきどけ)・春・地理】   

天狗杉武者震ひして雪落とす  みのる

雪解水がちょろちょろ山道を走り始めると春の到来である。

日射しは明るく、万象が蘇ったように輝いて見える。

ほころび始めた雪間からは、ものの芽が顔を出し、総身に雪を被いて立ち往生したかのような大樹も

「生きておるぞ!」

と、ばかりに自己主張して震える。生きとし生けるものの全てが復活の春を賛美し始める。

Page_top

室咲


【室咲(むろざき)・春・植物】   

室咲と窓際族にさす日かな  みのる

花の少ない冬の間は温室で育てられた室咲が花舗を飾ります。

「新しく預金口座を開設すると花鉢をプレゼントします」という銀行のキャンペーンを見かけたので、早速木瓜の花の小鉢をもらってきて事務 所の窓辺に置いた。

天恵の陽射しに応えて次々と咲き続け、しばらくの間慰めてくれた。

ぼくも頑張らねば・・・

Page_top

ゴルゴダの丘


【日永(ひなが)・春・時候】   

ゴルゴダの丘の永き日思ひけり みのる

島四国遍路で知られる小豆島はキリ スト教とも縁が深く、オリーブ園の 丘の上には大きな十字架が建てられ 島の殉教史が記されている。また、 この丘から一望できる穏やかな瀬戸 の内海の景はガリラヤの海に似てい るとも言われる。

ガリラヤ湖畔でイエスは多くの教え をなし多くの奇跡を行われた。昏れ なづむ丘の上に佇って残照の海を眺 めていると殊に感慨深い。

Page_top

手花火


【手花火(てはなび)・夏・人事】   

手花火のこれからといふ玉落つる みのる

豪快な打ち揚げ花火の音を聞くと血が騒ぐという人もいますが、ぼくは小さな線香花火に郷愁を感じます。

行水から上がると鼻の頭に天花粉を塗られ、家族みんなで花火を楽しむのである。

ぱちぱち爆ぜる火の粉が怖くて小さな手がおどおど震える。

それを包むようにして励ましてくれた温かい母の手の感触を今も覚えている。

Page_top

いわし雲


【鰯雲(いわしぐも)・秋・天文】   

寝ころべば地球が回る鰯雲  みのる

秋の野に臥せて大空を仰ぐと大宇宙の全てを支配される神の存在と、いと小さき自分との対比をあらためて実感する。

空の鳥や野の花もまた、明日を思い煩うことの愚さを教えてくれる。

私たちが意識してもしなくても、大自然の摂理は全てみ手の中にあり、私たちもまた神さまの哀れみと恵みによって生かされているのである。

Page_top

花ひいらぎ


【柊の花(ひいらぎのはな)・冬・植物】   

土に帰す花柊のこぼれかな   みのる

暖かい冬の日に誘われて外に出てみると、庭隅の柊の花は早や散りそめていて、その足下の土を白く染めている。

うち屈んで近づくとこぼれ花のほのかな香りが伝わってきて心地よい。

私たちの肉体も、やがては朽ちて土に帰っていくことと思うけれど、召しのあるその時までキリストのよき香りを放つものでありたいと願う。

Page_top

聖夜


【聖夜(せいや)・冬・宗教】   

時計台聖夜の針を重ねけり  みのる

聖歌隊が「ハレルヤ」と歌いおさめると、やがて手に手にペンライトを持ってキャロリングに出発する。

星空高く聖夜を刻む天文台の大時計を仰ぐと、とても満たされた気分になり、手足の悴むのも忘れる。

終末の到来かと思われたあの阪神淡路大震災で子午線の大時計は動かなくなった。

もちろん時間が止まることはなかったが、修復が終わって再び時を刻むようになったとき、胸が熱くなるような感動と復活の喜びを実感した。

きよしこの夜、大時計は何事もなかったかのように、歴史の針を重ねようとしている。

時は流れ人の世は移るけれど、神の愛はいつまでも変わることがない。

[ 阪神淡路大震災 ]